携帯向けアプリ・コンテンツの検証を安く、早く

ZDNet Japan Staff 2009年01月23日 17時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アンデューは19日、「アンデュー・デバッグ・テストスタジオ」を開設した。携帯電話などモバイル端末のアプリケーションやコンテンツを対象に、動作検証などを行うもの。

 「アンデュー・デバッグ・テストスタジオ」では、モバイル端末のアプリケーションやコンテンツに関する不具合の発見、動作確認に必要な3キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル)の主要携帯電話端末実機のレンタルを行う。キャリアによる検証センターと比べ、予約が簡単で”予約待ち”による開発遅延が避けられるほか、3キャリア分をまとめて行えるというメリットがある。

 同社では低価格も特徴とし、「デバッグや検証プロセスにかかるコストを、今までの50%に逓減していただくことを目指してサービス提供に努めてまいります」とする。

 アンデューはアファリスグループのアウトソーシング会社。アファリスがモバイルコンテンツの提供を行っており、その検証などを行っていたた経緯から今回の事業が生まれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR