日本HP、小規模オフィス向けディスクバックアップ製品発表

仲田玲子 2009年01月23日 18時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは1月23日、専用のディスクカートリッジを利用した、小規模オフィス向けのバックアップ製品「HP StorageWorks RDX リムーバブルディスクバックアップシリーズ(HP RDX)」を発表した。同日より直販サイト「HP Directplus」で販売を開始する。

 価格は、160Gバイトドライブモデルの「HP StorageWorks RDX160 リムーバブルディスクバックアップ」(カートリッジ1巻付)が5万2500円、500Gバイトドライブモデルの「HP StorageWorks RDX500 リムーバブルディスクバックアップ」(カートリッジ1巻付)が10万5000円。カートリッジは、160Gバイトが2万9400円、500Gバイトは8万1900円となる。

 HP RDXは、USBインタフェースで簡単に接続でき、バックアップ初心者でも簡単に設定できるように設計されたディスクバックアップ製品だ。製品に付属している専用バックアップソフト「HP RDX Continuous Data Protection Software(HP CDP)」を使用し、初期設定および運用が可能。連続的自動バックアップや、ドラッグ&ドロップによるファイルのバックアップとリストア、増分バックアップによるディスク容量の効率的利用などを、ユーザーの手間をかけず実行できるという。また、市販のバックアップソフトウェアを使用することによって、スケジュールを設定してのバックアップも可能となる。

 専用のカートリッジ方式を採用しているため、ディスクメディアを安全に外部に保管ができ、災害対策用のバックアップとしても利用できるという。また、通常のディスクと違い、HP RDXメディアカートリッジを入れ替えるだけで簡単にバックアップ容量を拡張できるのも特徴の1つだ。

 日本HPでは、エントリークラスのバックアップ製品のラインアップを拡充することで、これまで予算にも限りがあることなどからバックアップを取ることが難しかった小規模オフィスや、今までバックアップを取ることを検討していなかったユーザーに、新たな選択肢を提供するとしている。

「HP StorageWorks RDX リムーバブルディスクバックアップシリーズ(HP RDX)」 「HP StorageWorks RDX リムーバブルディスクバックアップシリーズ(HP RDX)」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?