フォーチュン「最も働きがいのある企業」でNetAppが1位に--グーグルは4位

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年01月26日 10時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Fortuneの「働きがいのある企業トップ100」(100 Best Companies to Work For)ランキングで、ストレージ製造企業のNetAppが1位を獲得したことが、同誌レポートで米国時間1月22日に明らかになった。これにより、Googleは首位の座を追われる結果となった。

 NetAppは全世界で8000人近い従業員を雇用している。同社は「従業員の熱意」が理由で1位に選ばれ、また、1万1400ドル近い養子縁組補助や5日間付与されるボランティア有給休暇などの福利厚生面も選択された理由である。

 さらに良いことに、同社はこの景気低迷下で採用を続けているわずかな企業の1つでもある。同社は1月13日現在、55の職種を募集している。

 2009年のランキングでは、NetAppは2008年の14位から1位に急上昇した。しかし、これによりGoogleは首位の座から追われてしまった。同社は2008年まで2年連続で首位であった。同社は2009年のランキングでは4位。Fortuneによると、同社が一部オフィスで慣習となっていたアフタヌーンティーや、毎年のスキー旅行を中止したためだという。

 NetAppは、6位のCisco Systemsや、7位のバイオテクノロジ大手Genentechをも追い抜いている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!