MS、「Windows 7」ベータ版のダウンロード期間を延長

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:吉武稔夫、高森郁哉 2009年01月26日 10時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間1月23日夜、「Windows 7」ベータ版のダウンロード期間を延長すると発表した。

 同社は公式ブログで、Window 7のベータ版を2月10日までダウンロード可能にすることを明らかにした。Microsoftはこれまで、同OSのベータ版公開は1月24日までと述べていた。

 MicrosoftのBrandon LeBlanc氏は、ブログの中で次のように述べた。「当社のエンジニアが必要とする以上のベータテスターとフィードバックが得られたため、そろそろWindows 7ベータ版の一般向け提供を打ち切ろうと考えている。ただ、Windows 7ベータ版への関心は引き続き非常に高く、われわれは誰にもこの機会を逃してほしくないので、ベータ版のダウンロード期間を2月10日まで延長することにした」

 2月10日以前にダウンロードを開始した人は、2月12日までにダウンロード作業を終える必要がある。

 LeBlanc氏によると、この期限は一般のユーザーを対象ととしたもので、Microsoftの「TechNet」および「Microsoft Developer Network」(MSDN)のメンバーは2月10日以降もベータ版をダウンロードできるという。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏は1月7日、ラスベガスで開催された「2009 Consumer Electronic Show(CES)」の基調講演で、Windows 7のベータ版を発表した。ベータ版の提供は、ウェブサイトの障害によって多少の遅れが出たものの、1月10日から開始された。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?