ドコモ、法人向けに携帯電話の制御機能をAPIで提供

松田真理(マイカ) 2009年01月28日 20時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは1月30日より、企業設備から携帯電話を直接制御できる、法人向け組み込み型サービス「ビジネスmoperaコマンドダイレクト」の提供を開始する。

 ビジネスmoperaコマンドダイレクトは、携帯電話の設定変更やデータ送信、紛失時のロック機能などを部品化(API化)して法人向けに提供する。顧客の企業設備に組み込み、自社アプリケーションから携帯電話にロックをかけたり、電話帳データや同報メッセージを送信したりできる。

 ドコモでは「従来のネットワークサービスは、あらかじめ対象となるユーザー情報をドコモのサービスに登録する必要があり、自社で管理するユーザーデータベースとは別に運用する煩雑さがあった。しかし、ビジネスmoperaコマンドダイレクトは、企業設備にあるデータベースと連携して制御できるため、ユーザー情報の管理を一元化し、利便性も向上する」としている。

 問い合わせは、ドコモの法人営業担当で受け付けるとのことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!