オペラソフトウェア、Google Android用「Opera Mini 4.2」の正式版をリリース

文:Jessica Dolcourt(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部(編集部) 2009年01月29日 11時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Google Android用「Opera Mini 4.2」の正式版が米国時間1月28日から「Android Market」で提供されている。本リリースでは、ダブルタップ操作でファイルのアップロード、ダウンロード、保存、ズームイン、ズームアウトができるようになっている。

 またAndroid端末のネイティブな入力システムを使わず、アドレスバーに直接URLを入力することも可能になった。そして、ベータ版では、ビデオの再生機能がサポートされていなかったが、他のモバイルプラットフォーム向けのOpera Miniと同様、本リリースより、ウェブページから動画を見ようとすると、メディアプレーヤーが起動する。

 入力時にパスワードが表示されてしまう問題や、「Back」ボタンでアプリケーションを終了しようとすると応答が停止する問題も含めて、複数のバグも修正された。さらに、トラックボールへの応答が速くなったほか、ほとんどのページでフォントが拡大表示されて、字が読みやすくなっている。

 同ブラウザの機能が一定の水準を満たすレベルになったことで、現在および将来のAndroidユーザーのエクスペリエンスは確かに向上する。Googleのモバイルプラットフォームに最初のブラウザを提供し、すべてのモバイルプラットフォームで独占的な地位を維持するOperaにとって、これは実に意義深いことである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?