ヴイエムウェア、仮想デスクトップクライアントをオープンソースで公開

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉 2009年02月04日 13時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デスクトップ環境を外に持ち出そう。

 VMwareは米国時間2月3日、オープンソースの仮想デスクトップクライアント「VMware View Open Client」を発表した。ユーザーのデスクトップに対し、ほぼすべてのデバイスから常時アクセスできるよう設計されている。

 VMware View Open Clientにより、組織は各自のデータセンター内にユーザーのデスクトップをホストできるようになり、ユーザーは各種デバイスからいつでもデスクトップにアクセスできるようになる。

 VMwareのデスクトップ事業部門でゼネラルマネージャーを務めるJocelyn Goldfein氏は、声明の中で次のように述べている。

 今回われわれはVMware View Open Clientでソースコードを公開したので、ベンダー各社は容易にデバイスを最適化して、最高の仮想デスクトップソリューションを開発できるようになる。結果としてIT部門は、ハイエンドのデバイスと同等機能群を備えるローエンドやミドルクラスのデバイスを導入できるようになり、デスクトップ環境を提供する総費用を削減することが可能になる。

 VMware View Open Clientは、GNU LGPL(Lesser General Public License)バージョン2.1のライセンスで提供される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!