インフォア、SOA戦略の第一弾となるフロントエンド「Infor MyDay」の無償提供を発表

ZDNet Japan Staff 2009年02月05日 20時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ(日本インフォア)は2月5日、同社のSOA戦略「Infor Open SOA」に基づくコンポーネントの第一弾となる「Infor MyDay」を発表した。保守契約を締結している国内の顧客に対して、2009年8月より無償で提供する予定。

 Infor Open SOAは、サービス指向アーキテクチャに基づいて、インフォアのビジネスアプリケーション群や他のシステムとの間でのデータを統合することを目指し、同社が近年開発を行っている技術、製品、およびプラットフォーム戦略の総称。自社製品のみならず、他社ソリューションともOAGIS標準を介した統合を可能にする。

 Infor Open SOAは、さまざまな業種に特化したERPソリューションの買収を繰り返してシェア拡大を続けてきたインフォアにとって、それらを統合するための極めて重要な戦略とされる。米Infor、CTOのBruce Gordon氏は、「顧客の持つアプリケーションを破壊せずに複数のシステムを統合し、彼らのビジネスネットワークの支援を行うシステムイネーブラーになる」ことが目標であるとし、同社におけるこの戦略の重要性を強調した。

 今回、Infor Open SOAのコンポーネント第一弾としてリリースされる「Infor MyDay」は、インフォア製アプリケーション上のデータへ一元的にアクセスし、ユーザーごとにカスタマイズして提示するフロントエンドである。利用するユーザーのビジネス上の役割に合わせてパーソナライズした情報(レポートやKPI)を表示したり、データのビジュアライズを行ったりといった、ダッシュボード的な機能に加え、ユーザーインターフェース上から、トランザクション処理アプリケーションへのドリルダウンを行うといったことも可能になっている。

 Infor MyDayは、同社のERPパッケージ「Infor ERP LN」や、パフォーマンス管理製品「Infor PM」をはじめとする同社主要製品との連携が順次可能になる予定。年内に80社での導入を目標とする。

Infor MyDay 複数のインフォア製アプリケーションのデータに一元的にアクセスし、個々のユーザーに対してパーソナライズした結果を提示する「Infor MyDay」のイメージ。個別のアプリケーションにアプローチするためのフロントエンドの役割も担う。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR