アップルに続き、グーグルもMS「ActiveSync」ライセンスを取得

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2009年02月10日 18時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「ActiveSync」ライセンス提供プログラムは、引き続き全力で前進している。

 Appleは昨年、さらに優れたシンクロナイゼーションをExchange ServerとiPhoneとの間で可能とするためにActiveSyncのライセンスを取得したことを認めている。ActiveSyncは、Microsoftのウェブサイトでの説明によると「電子メールのメッセージ、スケジュール、連絡先、タスクリスト、その他のExchange Serverメールボックスデータについて『無線の』アクセスを可能とする通信プロトコル」であるという。

 Microsoftは米国時間2月9日、Googleが最新のActiveSyncライセンス取得者となったことを発表した。GoogleはどうやらExchangeと同社が新たに発表した「Google Sync」サービスとの間の密接なシンクロナイゼーションを可能とするためにActiveSyncのライセンスを取得したようだ。

 (明確にするために:GoogleはActiveSyncのライセンスを取得するとは発表していない;Microsoftが同社に代わりこれを発表している。9日のGoogleブログにおける発表では、ActiveSyncについては一切触れられていない。そのかわり同記事は「Windows Mobile」について言及している。)

 GoogleのGoogle Syncは、実にMicrosoftが来週バルセロナで開催するWorld Mobile Congress展示会でローンチされる予定の「Microsoft My Phone(Skybox)」サービスのような印象を与えている。

 MicrosoftはActiveSyncを、Nokia、Palm、Sony、Ericsson、その他を含む複数のモバイルベンダーに対してライセンス供与している。MicrosoftがActiveSyncのライセンス取得者から徴収している標準料金は、10万ドル「あるいは初年度のロイヤルティーのいずれか高いほうとなり、その後は1台あたりのロイヤルティーとなる」という。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから