「Moonlight 1.0」、ダウンロードによる提供開始

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2009年02月12日 11時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Silverlight」のオープンソース版実装である「Moonlight」が、1.0マイルストーンを達成した。

 NovellのDeveloper Platformのバイスプレジデントを務め、Monoの創始者でもあるMiguel de Icaza氏が、同氏の米国時間2月11日のブログ記事中で、このニュースを発表した:

 「機能は完備しており、全てのMicrosoftの回帰テストスイートを通過させ、Microsoftのx86およびx86-64アーキテクチャのためのMedia Packへのサポートを出荷した。」

 MoonlightはFirefoxのプラグインとして提供されており、Moonlightのダウンロードページからダウンロードすることができる。MoonlightはUnix/LinuxシステムとPowerPCベースのMacの上で動作する。

 Moonlightの次期バージョンである「2.0」(Silverlight 2.0に基づいている)は、Microsoftが今年11月に予定しているProfessional Developers Conferenceにおいてリリースされる予定である。そのときにNovellはMoonlightのバージョン「3.0」のプレビューを披露する予定であると、Icaza氏は述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから