エネルギー管理システム「AREVA e-terra habitat」に複数の脆弱性

吉澤亨史 2009年02月13日 10時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 有限責任中間法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月10日、エネルギー管理システムを構成するAREVA T&D製のソフトウェア「AREVA e-terra habitat」に、複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で公表した。

 このソフトは、エネルギー管理などでリアルタイムにデータを提供するもので、工程管理システムにおける中心機能を構成するソフトウェアの1つ。脆弱性が確認されたバージョンは、AREVA e-terra habitat 5.7 およびそれ以前。

 脆弱性は複数確認されており、遠隔地の第三者に権限を昇格されたり、任意のコマンド実行されたり、システムをクラッシュされたりする可能性がある。ベンダーでは、脆弱性情報を「AREVA T&D Security Bulletin」として発表し、それぞれの脆弱性を解消するパッチを公開している。

 このソフトのバージョン5.5、5.6、5.7を使用しているユーザーは「e-terra habitat_560_P20081030_SEC patch」を適用することで、またバージョン5.4およびそれ以前のバージョンを使用しているユーザーはバージョン5.6以降にアップデートすることで、これらの脆弱性を解消できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!