マイクロソフトがConficker対策、作者に関する情報に25万ドルの賞金

文:Adam O'Donnell(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2009年02月13日 10時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftはConfickerワームに対応することを目的として、様々な業界パートナーと提携することを発表した。この発表文では、ワームを阻止するための活動について簡潔に説明しているが、その中に1件目立った項目がある。このワームに関与している者の逮捕につながる情報に対し、25万ドルの賞金をかけているのだ。

 MicrosoftはConfickerワームをかなり真剣に捉えている。同社は今回初めて、ワームの発生に積極的に対抗するために、セキュリティ企業、コンサルティング企業、レジストラなどの業界の代表からなるグループを組織した。Microsoftの対応は技術的なソリューションだけに止まらない。同社は、ワーム作者の逮捕につながる情報の提供者に対し、25万ドルの賞金を提供する。

 前述のグループは、賞金稼ぎからなっているわけではない。このグループはボットネットの拡大を遅らせるため、様々な運用技術を試みている。Arbor NetworksのJose Nazario氏は、このグループが実際に計画していることについて述べている

 今回集まったグループが使っている戦略の1つは、Confickerによって使用されているドメイン名を事前登録してロックしてしまうことだ。・・・Confickerに感染したホストのデータはグループ内で共有されているほか、ISPとその顧客、企業、CERTのチーム、その他の組織などの顧客とも共有されている。この情報は、ツールと明確な手順が記述してある情報シートによって感染ホストを処理するために使われている。

 Jose氏は、Confickerのアップデートの仕組みは遮断されているように見えるが、多くのすでに感染したマシンは活動し続けるだろうと続けて述べている。これは大きな問題だ。

 このボットネットワークがどのように機能しているかについての技術的な分析に興味があれば、SRIの極めて詳細な説明を参照することを勧める。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR