マイクロソフト、Windows 7の「テストアップデート」の提供へ

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2009年02月23日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが「Windows 7」テスターに対して明かしているのは何で、明かしていないのは何かと言えば、米国時間2月24日より、同社は「Beta 1」ユーザーのためにテストアップデートを提供し始める予定である。

 Microsoft Update Product Teamのブログで説明されているとおり、これらのアップデートは単に、Windowsのサービシングインフラをテストするために設計されている。Windows 7のために新しい特色やフィックスまたは機能を提供する予定は全くないのだ。

 2月19日付けのMicrosoft Updateブログの記事によると:

 「われわれは通常、Beta期間中にアップデートのシナリオを検証する。そしてテストアップデートをリリースすることは、本当のアップデートをリリースしなければならないときに、そのプロセスが円滑に進むことを確保するのを助ける。せいぜい5回のアップデートがあるだろう・・・。

 「アップデートはインタラクティブに提供される。これは、ユーザーは入手可能なアップデートを通知されるが、それが自動的にインストールされないことを意味する。ユーザーはWindows Updateコントロールパネルにアクセスし、手動でインストレーションを開始する。アップデートはまた、明確に『テストアップデート』として表記される。アップデートのインストールを望まなければ、各アップデートについて右クリックし、『Hide update』を選択して、それが入手可能なアップデートのリスト中に表示されるのを阻止することができる。」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR