シトリックスとインテルが協業、クライアント用ハイパーバイザを共同開発

藤本京子(編集部) 2009年02月24日 17時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「次世代のノートPCは、仮想化機能が組み込み済みとなるだろう。ノートPCに搭載されるプロセッサの上にハイパーバイザが入り、個人用デスクトップイメージと仕事用デスクトップイメージが1台のPCで平行して走ることになる」。米Citrix Systems デリバリシステムズグループ 製品マーケティング担当シニアマネージャーのMichael Chang氏は、シトリックス・システムズ・ジャパンの開催したデスクトップ仮想化ソリューションの説明会にてこのように語った。

 Citrix Systemsは、米国時間1月27日付けで、Xenベースのクライアント仮想化ソリューションに関してIntelと協業することを発表している。次世代のノートPCに仮想化機能が組み込まれるというのは、Intelとの協業で進めている「Project Independence」(コードネーム)で実現するとChang氏は説明する。

 「Project IndependenceにおいてCitrixは、Intelと共同でベアメタルな(ホストOSを必要としないネイティブタイプの)クライアント側Xenハイパーバイザを構築している。このタイプのハイパーバイザを利用すると、高いセキュリティが保てるのはもちろん、パフォーマンスも高い」とChang氏は言う。

 プロジェクト名が「Independence」(独立)となっているのは、このハイパーバイザによって「システム管理者が負担から解放され、ユーザーをさまざまな制約から解放させることが可能なためだ」とChang氏。つまり、このシステム環境下では、1台のPCで個人用のPCと仕事用のPCのイメージが共存できるようになるが、IT部門は集中管理した仕事用の仮想マシンを各従業員のPCにデリバリーするだけでよく、インストールやアップデートの手間が省けることになる。また従業員側としても、仕事用と個人用のPCを1台で使い分けることができるほか、アプリケーションをローカル側で実行するため従来のPCと変わらないパフォーマンスが体感できる。

 このハイパーバイザは、Citrixの次期ソリューションとして製品化される予定で、2009年下半期にもIntelのOEMパートナーを通じて提供される予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
仮想化

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!