SAPジャパン、必要なアプリを選択導入できるスイート製品最新版を国内提供へ

田中好伸(編集部) 2009年02月24日 20時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは2月24日、統合基幹業務システム(ERP)や顧客関係管理システム(CRM)などのビジネスアプリケーションをまとめたスイート製品の最新版となる「SAP Business Suite 7」を5月から一般的に出荷することを発表した。一部の限定出荷は昨年11月から開始されていた。

 Business Suite 7に含まれるビジネスアプリケーションは、ERPソフトの「SAP ERP 6.0」、CRMソフトの「SAP Customer Relationship Management 7.0」、供給連鎖管理システム(SCM)ソフトの「SAP Supply Chain Management 7.0」、サプライヤー関係管理システム(SRM)ソフトの「SAP Supplier Relationship Management 7.0」、製品ライフサイクル管理システム(PLM)ソフトの「SAP Product Lifecycle Management 7.0」、そして各業界別のアプリケーションだ。また、ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトとして「SAP BusinessObjects」も含まれる。アプリケーションの基盤ソフト群として「SAP NetWeaver」が活用される。

 Business Suiteは、SAPやSAP以外のソフトと連携できるように設計されたモジュール型ソフトであり、ユーザー企業は各ビジネスアプリケーションや業界特有のアプリケーションを必要に応じて段階的に導入することができる。最新版ではサービス指向アーキテクチャ(SOA)に完全対応となっている。

Garrett Ilg氏 「EhP適用と共通基盤を活用することでBusiness Suiteはコストを低く抑えることができる」と強調するSAPジャパン社長兼最高経営責任者(CEO)のGarrett Ilg氏

 また今回の最新版では、Business Suiteの機能を拡張するための拡張パッケージである「SAP enhancement package(EhP)」を活用することで、ユーザー企業に必要な機能を選んで適用することができるようになっている。SAP ERP向けのEhPは第1弾から第3弾まで提供されており、これまでに1000社以上で本稼働されており、1800件のダウンロード数があるという。

 NetWeaverをベースにしたSOAへの完全対応とEhPを適用することで、Business Suiteのユーザー企業は、自社の業界事情あるいは業務部門に合わせた機能をシステムとして活用することができるようになっている。SOA化で機能ごとに部品を組み替えたとしても、エンドユーザーに対しては統一されたユーザーインターフェースを提供できるようになっている。

 今回の最新版では、BusinessObjectsをERPやCRM、SCMなどの業務システムに組み込まれている。これによって、業務部門の部門長などが「日々の業務をこなしていく中で、“気づき”を得られる」(SAPジャパンでカスタマーイノベーションセンター本部長を務める田村元氏)という。

 たとえば、ERPシステムで特定の製品の売り上げが落ちているという情報を知ったとして、その製品に対するクレームがある時期を境に急増しているという情報をCRMシステムで確認。それをもとにPLMシステムで原因となる部材を入れ替え、SRMシステムで入れ替える部材を業者から安く見積もるといったことが可能になるのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR