マイクロソフトCEO:「Office 14は今年ではない」

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2009年02月25日 17時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSteve Ballmer氏は米国時間2月24日、毎年のウォール街のアナリストに対する「Strategic Update」ブリーフィングにおいて、「Office 14」は2009年内に出荷されることはないと述べた。

 「Office 14は今年ではない」とBallmer氏はアナリストたちに告げた。

  Microsoft関係者は、Officeの次期バージョンの出荷目標を明かさないように慎重であった。しかし昨年はOffice 14が2009年に出荷される予定であると、同社幹部がうっかり口にしたのは数回にとどまらなかった。わずか1〜2カ月前に、Microsoft関係者は企業顧客に対し、Office 14は2009年終わりまたは2010年初めに出荷されると伝えていた。

 Microsoftは1月にOffice 14のアルファ版を選ばれた顧客に対してリリースした――これには新しい「Office for Sales」SKUが含まれている。最初のベータ版は今夏になりそうであると、筆者が最近話した情報筋は述べている。MicrosoftはOffice 14クライアントと「SharePoint Server 14」を一緒にリリースすることを目指している。また同社は来年、一時的に「OCS 2010」として知られていた「Office Communications Server」の次期バージョンを出荷することも目指している。

 情報筋によると、Windows 7は依然として2009年第3四半期のRTMに向けて前進しているという。MicrosoftはWindows 7の「正式な」ローンチを遅らせ、Office 14の2010年初期のリリースとタイミングを合わせるだろうか?あるいはMicrosoftは、Windows 7とOffice 14を同時にローンチすることはさほど重要ではないと判断したのだろうか(たとえ多くの企業ユーザーが新しいWindowsとOfficeのリリースを一緒に配備するのを好んでいるとしても)?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!