PHP:セキュリティホールを修正した新バージョンが公開

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2009年02月28日 11時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソースプロジェクトのPHP Groupは、広く使われている汎用スクリプト言語PHPの、少なくとも4件のセキュリティホールを修正するパッチを公開した。

 PHP 5.2.9(changeLogを参照して欲しい)で、PHPの開発チームは全部で50件のバグを修正しており、これには攻撃者が特定の状況下で任意のメモリロケーションの内容を読むことができる、公知のセキュリティホールも含まれている。

 この問題の概要は以下の通りだ。この問題の重要度は中程度にレーティングされている。

  • PHP 5.2.8以前にはimageRotate関数配列インデックスエラーが存在し、3つめの引数(bgd_colorあるいはclrBack)に特別に作成された値を用いることによって、コンテクストによっては攻撃者が任意のメモリロケーションの内容を読み出すことができる。

 PHP 5.2.9で修正された他のセキュリティホールには、次のものがある。

  • zipファイルの展開時にファイル名やディレクトリ名に相対パスが含まれているとクラッシュする問題を修正。(Pierre)
  • explode()でlimitが負の値の場合の空の文字列に対する処理を修正。
  • json_decode()に不正な形式の文字列が渡された際にセグメンテーションフォールトが起こる問題を修正。

 次の記事も参照して欲しい。

Flaw trifecta kicks off Month of PHP Bugs

Controversial ‘month of bugs’ getting security results

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR