シャープの隠れた世界トップシェア事業--スマホ向けカメラモジュールの強み

大河原克行 2011年12月01日 17時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、スマートフォンやモバイル機器向けの業界最薄のカメラモジュール「RJ63YC100」を開発。12月2日からサンプル出荷を開始すると発表した。

 RJ63YC100は、オートフォーカス式の光学式手ぶれ補正機能を搭載しながらも高さ5.47mm、11.0mm×11.0mmの小型化を実現した、1/3.2型の1210万画素のCMOSカメラモジュール。暗いシーンや動きのある被写体の撮影など、手ぶれの発生しやすい場面でも高画質な撮影が可能となり、1080pのフルハイビジョンの動画撮影にも対応している。

 12月2日からNTTドコモが発売するスマートフォン「AQUOS PHONE SH-01D」、12月上旬以降に発売が予定されているソフトバンクモバイルのスマートフォン「AQUOS PHONE 102SH」に搭載する。サンプル価格は1万2000円。2012年1月から広島県福山市の福山工場において、月産10万個体制で量産を開始する。

 シャープ 電子デバイス事業本部副本部長の本道昇宏氏は、「まずはAQUOS PHONE向けに搭載するが、今後は他社製スマートフォンにも提供していくことになる」としている。

  • 新たなカメラモジュールを手に持つ本道昇宏氏

  • スマートフォンやモバイル機器向けの業界最薄のカメラモジュール「RJ63YC100」

市場シェア首位 2位以下に倍以上の差

 シャープは携帯電話向けカメラモジュールで長年の実績を持つ。

 デジカメ用に開発していたカメラモジュールの技術をベースに携帯電話向けの小型カメラモジュールを開発。2000年11月に「写メール」のキーワードとともに登場したJ-PHONE(現ソフトバンクモバイル)のJ-SH04に搭載したのが最初だ。

 その後、固定焦点式のカメラモジュールの画素数を高めながらラインアップを強化する一方、光学ズームやオートフォーカス機能の搭載、3D対応など最先端の技術を相次ぎ採用。2011年8月には累計出荷が6億個を突破。現在の市場シェアは17%で首位となり、2位以下に倍以上の差をつけている。

  • 2000年11月に登場したJ-PHONEのJ-SH04

  • これまでのカメラモジュールの歴史

 カメラモジュールにおいては、開発要素の強い製品は国内の福山工場で生産。累計出荷の約7割が海外メーカー向けであるというように、ユーザーとなるセットメーカーが海外中心であるため、モジュールの主力生産拠点は中国・無錫の自社工場と、ベトナムにある2つの協力工場。月産1600万台の体制を確立しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
データドリブンな経営
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
林雅之「スマートマシン時代」
デジタルバリューシフト
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
モバイルファーストは不可逆
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ベネッセ情報漏えい
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
OS
XP後のコンピュータ
スペシャル
より賢く活用するためのOSS最新動向
HPE Discover
Oracle OpenWorld
AWS re:Invent 2015 Report
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
マーケティングオートメーション
AWS re:Invent 2014
Teradata 2014 PARTNERS
Dreamforce 2014
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
VMworld 2014
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化
NSAデータ収集問題