朋和産業、DB基盤刷新でオラクルの専用機「Database Appliance」採用

田中好伸 (編集部) 2012年07月25日 13時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プラスチックフィルムなどを製造する朋和産業はデータベース(DB)基盤の刷新でデータベース専用機「Oracle Database Appliance」を採用した。日本オラクルが7月25日に発表した。

 朋和産業は、段ボールや包装などのパッケージ製品を製造、販売するレンゴーグループでプラスチックフィルムなどの軟包装事業を担う基幹企業。店頭に並ぶ商品のパッケージや医療器具の機能性法制の製造、販売が主力事業だ。従業員数1320人で、国内に8カ所の支店や営業所と5カ所の生産拠点、海外にも3カ所の営業拠点を抱えている。

 同社は業務やデータ量の増大に伴い、システムの性能に課題を抱えていた。サーバ障害対策としてクラスタウェアを採用していたが、必要なサービスレベルを十分に満たしていなかったという。分散していたDBの統合、性能の改善、災害など障害時でのデータ保護環境の構築を目的に、DB Applianceの採用を決めている。8月からの本稼働を予定している。

 朋和産業では、DB ApplianceがDBソフト「Oracle Database Enterprise Edition(EE)」専用に開発されたことを踏まえて、サーバやストレージ、ネットワークを事前構成したハードウェアとDBを一体化しているために、短期構築と導入コストを削減できることを評価した。システム規模の拡張に応じて必要なCPU能力にあわせてOracle DBのライセンスを購入できることも評価している。

 従来活用していたOracle DBのStandard Editionでは対応できなかった、性能改善や運用効率の効率化が実現できることも評価している。災害などの障害時でのデータ保護では、Oracle DBのEEの機能である「Oracle Real Application Clusters One Node」と「Oracle Data Guard」でより高いレベルが実現可能であることも採用のポイントと説明している。

 DB Applianceの導入プロジェクトは、SCSKがOracle DBと災害対策環境の構築ノウハウを活用して、DB Applianceの導入と構築を担当する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
データドリブンな経営
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
林雅之「スマートマシン時代」
デジタルバリューシフト
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
モバイルファーストは不可逆
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ベネッセ情報漏えい
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
OS
XP後のコンピュータ
スペシャル
より賢く活用するためのOSS最新動向
HPE Discover
Oracle OpenWorld
AWS re:Invent 2015 Report
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
マーケティングオートメーション
AWS re:Invent 2014
Teradata 2014 PARTNERS
Dreamforce 2014
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
VMworld 2014
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化
NSAデータ収集問題