NTT Com、ブラウザ間で通信可能なWebRTCのプラットフォームとソースコードを公開

山田竜司 (編集部) 2013年12月05日 17時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は12月5日、ブラウザ間で通信が可能な「WebRTC」(Web Real Time Communications)向けのプラットフォーム「SkyWay」を無償で提供し、ソフト開発支援サービス「GitHub」上でSkyWayのライブラリソースコードを公開すると発表した。

 SkyWayのプラットフォームやライブラリの利用により、WebRTC技術を利用したウェブアプリ(音声や映像を使ってコミュニケーションできるアプリンなど)の開発が容易になるという。

 WebRTCはブラウザの機能だけでリアルタイム通信ができる技術。通信する相手の端末やアプリケーションに依存しないほか、他サービスとの連携が容易であるなどの特徴がある。

 SkyWayは、NTT Comがアプリ仲介サーバやそのWebAPIなどをNTT Comが提供するアプリ開発プラットフォーム。ネットワークやサーバ構築、プログラミングなどの技術がなくとも開発に着手できる点を特徴とするという。

 NTT Comは、フィールドトライアルとしてSkyWayをウェブ開発者に無償で公開する。また、このトライアルを元に機能を改善し、正式なサービスとして提供する予定。

 WebRTCは広義のHTML5の1つとして、World Wide Web Consortium(W3C)とThe Internet Engineering Task Force(IETF)などの組織で標準化が進められている。


SkyWayを活用したアプリケーションの例
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
データドリブンな経営
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
林雅之「スマートマシン時代」
デジタルバリューシフト
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
モバイルファーストは不可逆
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ベネッセ情報漏えい
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
OS
XP後のコンピュータ
スペシャル
より賢く活用するためのOSS最新動向
HPE Discover
Oracle OpenWorld
AWS re:Invent 2015 Report
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
マーケティングオートメーション
AWS re:Invent 2014
Teradata 2014 PARTNERS
Dreamforce 2014
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
VMworld 2014
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化
NSAデータ収集問題