データサイエンティスト講座

アクションにつながなければ意味がない--分析結果レポートのコツ

伊藤徹郎(ALBERT) 2014年09月17日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載ではこれまでデータ分析において抑えておくべきポイントや考え方、統計言語「R」を用いた分析の方法などを紹介してきました。ビジネスにおいてデータ分析を行った場合、その分析結果をクライアントや上司に報告する必要があります。その際に注意すべきポイントを解説します。

 まず、データ分析結果のレポート作成において最も重要なことが、ストーリー性です。 一例として、下記のような流れが考えられます(必ずしもこの流れに沿っている必要はありません)。


 まず前提として、どのようなビジネス課題が存在するのかを共有する必要があります。報告する人と報告を受ける人が同一組織内である場合は、すでに共有されている場合が多く、ここは省略される場合もあります。

 続いて、そのビジネス課題に沿って、さまざまなデータの基本集計やクロス集計結果などから、データ分析の際の仮説を提示します。ここで重要なポイントとして、この仮説は全てデータから得られた結果をファクトとして用いる必要があります。

 現場からの勘と経験をこの基本集計に反映し、仮説設定をすることが望ましいでしょう。また、その際に重要なのは、どのデータソースを用いているのか、そのデータの期間はいつかまず前提として、どのようなビジネス課題が存在するのかを共有する必要があります。

 報告する人と報告を受ける人が同一組織内である場合は、すでに共有されている場合が多く、ここは省略される場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「特集:データサイエンティスト講座」 バックナンバー

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!