情シスから始まるデータ分析

データ分析にはどのようなツールが必要なのか--マーケティング編 - (page 4)

三木康裕 2015年11月13日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まとめ

 これまでExcel、Tableau、Rを用いてマーケティングに生かすためのデータ分析ツール、手法を紹介してきたが、これらのツール、手法はその時の目的に合わせて使い分けることが重要である(図9)。


(図9)目的別おすすめの分析ツール

 また、問題解決がゴールであるビジネスの面では使用する手法がどのようにマーケティング施策とつながるかを常にイメージしておくことも大事だ。目的に合ったツール、対象とする問題の解決に適切なデータ分析の手法を使用することで、より効率的で利益につながるマーケティング活動ができるだろう。

三木 康裕(DATUM STUDIO株式会社 データアナリスト)
DATUM STUDIO株式会社においてデータアナリストとしてさまざまな企業のデータ分析業務に従事。大学院では統計を用いてがんになる要因を研究していた。株式会社ドリコムにて、ソーシャルゲームのデータ分析業務に従事。データ分析の効果が広く社会に認められるよう、奮闘中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!