「Azure」で「Windows 10」のデスクトップが利用可能に、シトリックスが発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年01月11日 11時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftのパートナー企業であるCitrix Systemsは、2017年第1四半期中に、Microsoftのソフトウェアを仮想化する2つの製品を発売する。

 仮想化されたWindows 10デスクトップを実行したいユーザー向けには、「XenDesktop Essentials」が提供される。また、Azureからリモートでビジネスアプリケーションを利用できるようにする手段として、「XenApp Essentials」が発売される。XenApp Essentials(これまでは「XenApp Express」と呼ばれていた)は、Microsoftが提供終了を予定している「Azure RemoteApp」の代わりに利用できる。

 CitrixとMicrosoftは、どちらの製品についても、具体的な価格やライセンスに関する詳細は明らかにしていない。Citrixの担当者によれば、これらの情報は発売時期近くに発表されるという。

 両社は2016年に、XenDesktop EssentialsはWindows 10 Enterpriseおよび「ソフトウェアアシュアランス」の利用者に対してのみユーザー単位で提供され、XenDesktopの仮想デスクトップ(VDI)経由でAzure上のWindows 10のイメージを管理できるようになると述べている。

 現在もWindows 7およびWindows 8.1のクライアントをAzure上の仮想マシンで実行することができるが、開発とテストの目的にしか利用できず、他の用途で利用した場合、ライセンス違反となる。

 現在は、Azure RemoteApp(コードネーム「Mohoro」)を利用することで、AzureからWindowsアプリケーションを提供し、さまざまなデバイスからアクセスできるようにすることが可能だ。RemoteAppは2014年12月に一般提供が開始されている。

 しかしMicrosoftは2016年8月に、さまざまな技術的な課題があるとして、RemoteAppの提供を終了する計画を発表している。Citrixの担当者によれば、XenApp Essentialsでは、Citrixのリモートプロトコルがサポートされており、イメージとアプリケーションの管理しやすさも向上している。

 Citrixは、米カリフォルニア州アナハイムで1月9日から開催中の「Citrix Summit」初日に、XenApp EssentialsとXenDesktop Essentialsの最新の提供スケジュールを発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!