アドビ、「Flash Player」の脆弱性を修正するセキュリティアップデートをリリース

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2017年01月11日 15時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsより「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリースされた。今回のアップデートは不正なコード実行につながる可能性のある脆弱性を複数修正するものだ。

 この脆弱性は、「Windows」「Mac」「Linux」「Chrome OS」などのFlash Player 24.0.0.186およびそれ以前のバージョンに影響する。

 Adobeによると、解放済みメモリの使用(use-after-free)の脆弱性3件と、4つのヒープバッファオーバーフローの脆弱性、5つのメモリ破損の問題を修正したという。これらの問題はすべて、不正なコード実行につながる可能性がある。

 また、新しいバージョンのFlash Playerでは、Project Zeroのリサーチャーによって発見された「セキュリティバイパスの脆弱性で、情報開示につながり得る問題」も修正されているという。

 Flash Playerは脆弱性によって、何年も不正なコード実行の引き金となってきた。

 過去の報告とは異なり、Adobeは、脆弱性が悪用されていることを把握しているというような見解を示していない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!