CTC、AIサービス開発のグリッドと業務提携

NO BUDGET 2017年01月12日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は1月10日、機械学習/深層学習フレームワーク「ReNom」を自社開発するグリッドと業務提携し、人工知能(AI)サービスの開発や共同提供を開始すると発表した。両社は、ReNomを使用したユーザーデータの分析サービスなどを拡充し、製造、ライフサイエンス、情報通信、政府・公共機関、交通・物流、エネルギーなどの分野でのAI利用を共同で推進する。

 ReNomは、AIを開発するための汎用的なソフトウェア。深層学習や最適化アルゴリズム、生成モデルをはじめ、さまざまなアルゴリズムをライブラリとして備えており、複雑な設定をしなくても、ライブラリを組み合わせることでAIを作成できる。

 実用的なアルゴリズムを備えているため、課題ごとに個別に設計する場合と比べて、開発期間を4割以上短縮できるケースもあるという。適用領域は業種、分野を問わない。既に社会インフラ分野などで実績を積んでいるとのこと。

 今回の業務提携は、ReNomの普及を目的として両社の推進体制を構築し、幅広い分野における課題解決支援とReNomを使用したサービスの共同開発を図るものと位置付けている。グリッドが持つ機械学習/深層学習に関するノウハウとCTCのシステム構築、運用でのノウハウを組み合わせ、既存システムとReNomの連携を含め、ユーザー企業のAI活用を支援していく。

 また、AI導入、活用を検討する顧客向けのPoC支援サービスをはじめ、導入後のサポートを実施する定着化支援などのサービス開発やReNomを使用したアプリケーション開発を進める。既に共同で複数のユーザー企業に対してPoCプロジェクトを開始しているとのこと。

 両社は共同での海外展開も視野に、ユーザー企業の新規事業開発や生産性向上の実現を支援する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR