アップル、「MacBooks」向けの「Express Card」ソフトウェアをアップデート

apple 2006-08-14 19:19:43

 Appleは米国時間8月10日、「MacBook Pro」向けの「Express Card Update 1.0リリースした。同社のウェブサイトに掲載された説明書きによれば、ファイルサイズが492KBとなっている同アップデートは、「ExpressCard/34スロットにカードを挿入した際に、システムがスリープ状態になる問題を修復する」ものだという。

060814AP.png

 同サイト上のその他のソフトウェアアップデートニュースには、新たなMacBook Proを対象とする「Security Update 2006-004リリースされたとも記されていた。また同社の関係者は、次のように語っている。

 

先日発表されたSecurity Update 2006-004に含まれる修復パッチの大半は、「Mac OS X v10.4.7」のビルド8K1079に組み込まれているが、同Mac Proの製造時までにテストを完全に終えられなかったことから、2件のアップデートが未適用のまま残ってしまっていた。

 

「Tiger」ユーザーは、今すぐアップデートをチェックしておこう。

(Jason D. O'Grady)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから