「Apple TV」がついに「YouTube」対応に

apple 2007-06-21 19:18:28

 Appleは米国時間6月20日、「Apple TV」で「YouTube」を利用できるようになったと発表した

 

Apple TVに内蔵されているソフトウェア更新機能を利用して、YouTubeに対応させる無料のソフトウェアアップデートをダウンロードできる。アップデート後は、YouTubeのおなじみの映像カテゴリを閲覧したり、特定のビデオを検索したりすることがきわめて簡単になる。YouTubeのユーザー登録を行っていれば、Apple TV上で自分のアカウントにログインし、お気に入りビデオの視聴および保存などが可能になる。

 

 「GWhiz」サイトは、Apple TVの(異様に時間がかかる)アップデートプロセスやYouTubeインターフェースを写したデジカメ写真を掲載し、次のようなコメントを付けた。

070621AP.jpg

 

アップデートのダウンロードにはしばらく時間がかかる。更新が終了するとAppleTVが再起動し、いろいろな機能が使えるようになる。

 

起動時の画面は何も変わっていないように見えるが、たとえそうだとしても些細なことだ。インターフェースは完全に新しくなり、YouTubeが動作するようになっている。現時点では、1万1500本の動画が閲覧できるそうだ。

 

 以前にも紹介したが、EDGEおよびWi-Fiネットワークに接続している「iPhone」でも、メイン画面の専用ボタンをクリックすることでYouTubeビデオを見られる。

 Apple公式サイトのiPhoneページでは、YouTube/iPhoneインターフェースのフラッシュデモが公開されている。

(Jason D. O'Grady)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR