マイクロソフト、「Office 2008 for Mac」の新機能を先行公開

apple 2007-09-19 19:51:22

 MicrosoftのMac Business Unitは米国時間9月18日、「Office 2008 for Mac」に搭載される予定の複数の新機能を、専用サイト上でユーザーに先行公開した。同サイトでは、新しいユーザーインターフェースのスクリーンショットや、Officeスイートおよびアプリケーションの大半に加えられた大きな変更点が、アニメーションで見られるようになっている。

 中でも最も興味深いのは、ドキュメントの上部に表示され、ドキュメントの一部分やビジュアル要素、ツールまでがサムネイル化された、「Elements Gallery」バーだ。このバーだけで、画面上のけっこうなスペースが占められている。Microsoftによると、これを利用することで、「アプリケーション内から、シンプルかつ視覚的な方法でツールやフォーマットオプションにアクセスできるようになる」という。

 デモでは「Document Elements」と表記されている「Word 2008」のElements Galleryには、いくつかのタブがあり、そこから見出しや脚注などの文書の一部分や、目次および参考文献といった長文にアクセスすることが可能になっている。

 サイトをあちこちクリックしてみたのだが、「PowerPoint 2008 for Mac」の新機能に関しては情報が掲載されていないようだ。Appleのプレゼンテーションオーサリング製品「Keynote」に対抗できるものにするため、工夫に工夫を重ねている最中なのだろう。

 Microsoftは8月末にも、「Art of Office」というMac Office向けサイトを新たに立ち上げている。同サイトはユーザー主導型のコミュニティサイトで、「Microsoft製品のユニークな利用方法を紹介し、これまでにないMac Officeの魅力を感じてもらう」ことを目的としているという。

(David Morgenstern)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR