イイ子にしててよ、レパード

apple 2007-11-05 17:29:40

 わたしの飼っている豹が先日おイタをした――もとい、「Leopard」の調子が少しおかしくなったので、読者に報告しておこうと思う。とはいえ、これは一介のブロガーがした経験に過ぎず、普遍的な問題ではないことを忘れないでほしい。

 個人ブログで放送している「PowerPage」ポッドキャストの第62話をオンエアする直前、わたしの「MacBook Pro」(2.4GHz Santa Rosa)で突然ペーストができなくなり、「Finder」のファイルを移動させることも不可能になった。物書きにとって、コピーとペーストは必須の機能である。わたしがどれだけ苦悩したか、想像できるだろう。

 まずは、腕のよい修理係ならだれでもするように、故障以前の24時間にインストールしたすべてのものを再インストールした。

Filemaker Pro 9.0v2(いまだにLeopardでは動かない)

Quicksilver b53

TextExpander 2.0.3

Flock 1.0

WiebeTech TerraCard eSATA ExpressCard USB driver 1.1.9

VZA Broadband Access driver(Smith Micro)

Canon MP500 Printer Driver

 次に、以下を試してみた。

Quicksilver b53のアンインストール

TextExpandeのプリファレンスペインを削除

ディスクパーミッションの修復

Flock 0.9.1.2へダウングレードしたのち、0.9.1.3へのアップグレード

 ところがいずれも復旧の助けにはならなかったので、最悪の事態を恐れながらもLeopardの「Archive and Install」を行ってみたところ、(現時点ではとりあえず)全機能が戻った。

 ペーストもドラッグもできないという症状を経験しているなら、事の経緯をぜひとも教えてもらいたい。

(Jason D. O'Grady)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!