あれもこれも! アップルの新型ノートブックに期待の声また声

apple 2008-01-08 18:54:08

 待望の「Macworld Expo」開催を前にして、Appleが人気商品「MacBook」(人によっては「MacBook Pro」の場合も)の軽量版リリースを発表するというのが、規定の結論になってしまったようだ。

 わたし自身も、を広めた犯人の一味である。希望的観測と前置きしながらも、わたしに話をしてくれた数多くの情報源が、Appleのサブノートは実在しており、確定していないのは発表時期のみと述べていた。

 もっともわたしたちは、期待を募らせることで自分の首を絞めているのかもしれない。

 米国時間1月5日には、「MacRumors」サイトに、読者がよだれを垂らしそうな薄型MacBookのコンセプトイメージが複数紹介された

080108AP.jpg

 ウェブをちょっと探すだけでも、いまだ全貌のつかめない新製品に期待する機能や諸々の予想、予測、憶測がざくざくと出てくる。代表的なものを並べてみたら、こんなに長いリストになった。

 

     

     

  • 12インチスクリーン

     

     

  • 13インチスクリーン

     

     

  • 「プロ仕様」ポートのフル搭載(HDMI、FireWire3200など?)

     

     

  • ポート総数を減らす代わりにドック収納式を採用

     

     

  • 光学ドライブの非搭載

     

     

  • 外付け光学ドライブの搭載

     

     

  • FireWire接続型光学ドライブ

     

     

  • フラッシュ/SSD/ハイブリッドハードドライブ

     

     

  • トラックパッドの大型化

     

     

  • マルチタッチ式タッチパッド

     

     

  • マルチタッチ式スクリーン

     

     

  • 重量が半減

     

     

  • 厚みが半減

     

     

  • 新型エンクロージャ

     

     

  • カーボンファイバーエンクロージャ(これはわたし個人の予測)

     

     

  • WiMax

     

     

  • 3G無線機能

     

     

 

 上記のどれが採用されるにせよ、これがない、あれがないと言ってがっかりする人は出てくるだろう。とりあえずは深呼吸して、すべてうまくいくと思いこむことだ。とにかくあと1週間もすれば、新たなサブノートの具体像が目の前に現れるのだから。Appleがほんとうに新製品をリリースしてくれるよう、祈ろうではないか。

(Jason D. O'Grady)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR