Macworld Expoのイミシンなキャッチフレーズ

apple 2008-01-14 17:26:20

 「Wired」サイトの「Gadget Lab」ブログで、「Macworld Expo」の会場となるMoscone South前に掲げられたクールなバナーを見ることができる。「2008. There’s something in the air(2008年、何かが空を飛ぶ)」と書かれた横断幕は、由緒ある展示ホールへと降りていく、エスカレータの真上に張られている。

080114AP.jpg

 この宣伝文句は、新たなワイヤレス製品の登場を暗示しているのだろうか。ARS Technicaは、「スターバックスから『iTunes Store』にアクセスしているとき以外でも、AT&Tネットワーク経由で楽曲を購入できる」ようになるのではと、予想している。

 わたしは、コンピュータや「iTunes」を介さずに、ソフトウェアを無線経由で「iPhone」へダウンロードする新機能に一票入れたい。Nullriverの「Installer.app」がすでにこれを可能にしている現状を思えば、iPhoneのソフトウェア開発キットが後れを取るわけにはいかないだろう。もう1つ、Appleに心からお願いしたいのは、iPhoneを無線同期できるようにすること! 3種類の無線アクセスを搭載しているにもかかわらず、同期にはケーブルを使わなくてはならないなんて…時代遅れもほどほどにしてほしい。

(Jason D. O'Grady)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?