MacBook Airを買う人って、いったい…?

apple 2008-01-22 18:13:21

 先日、友人とインスタントメッセンジャーでおもしろい会話をした。

友人「『MacBook Air』の購買層ってどの辺り?」

わたし「リッチなエグゼクティブだろ、基本的に」

 もっとも、自分で自分をリッチなエグゼクティブだとは毛ほども思っていないが、それでもわたしはMacBook Airを買うつもりだ。まあこれも仕事の一環ということで。

 それはさておき、ほんとうにどういった人々がMacBook Airを購入するのだろう? 考えられるところを書き出してみた。

  • 新しもの好き

  • 自慢屋、見栄っ張り、「一番乗り大好き」タイプ

  • スネかじり

  • おしゃれさん

  • セカンドマシンが必要な人

  • 1週間のうち最低5日間は、4時間以内で移動可能な場所に外出する人

 当然ながら、「1800ドルの可処分所得がある」ことも、上記の条件に加えなければならない。

 1800ドルで買えるコンピュータなら、Apple Storeにたくさん売っている。

 例えば、クロックスピードが2.0GHzで、2GB RAMおよび250GB SATA HDD、「SuperDrive」を搭載し、3年の「AppleCare」サポートとFirewire、リムーバブルバッテリがついた「MacBook」は、1798ドルだ。

 また、MacBook Airに200ドル上乗せすれば、1999ドルの「MacBook Pro」(2.2GHz、1440 x 900ディスプレイ、2GB RAM、120GB HDD、SuperDrive、「NVIDIA GeForce 8600M GT」グラフィックチップ、128MB SDRAM)だって買える。

 いったいAppleは、だれがMacBook Airを購入すると想定しているのだろうか。

(Jason D. O'Grady)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR