ちょっとドメイン編 〜DNSの流れについて〜

arearesearch 2008-04-19 23:39:09

ちょっとドメイン編の第2回は、DNSの流れについて書かせて頂きます。

 

前回、以下のようなご説明をさせて頂きました。

 

 

つまり、IPアドレスという数字の羅列は、特別な意識をもって接していない限り、人間がWEBブラウジングをするのに適しているとは到底言えないのです。

この事態を解決するのに活躍しているのが、DNS(Domain Name System)であり、ドメインなのです。

DNSはドメイン⇔IPアドレスを解決する仕組みで、人間が記憶しやすいドメインとIPアドレスとを裏側で変換してくれているのです。

 

 

 

ところで、みなさんご存知の通り、ドメイン名というものは唯一無二のものでなければなりません。何しろ、インターネット上で特定の位置を指し示す住所なのですから、あっちこっちに点在していては大変です。おまけに、多くの人が理解しやすく覚えてくれるようなドメイン名を探すとなると一苦労です。ですので、大抵の場合は、ドメイン登録事業者の提供するサービスを利用することとなります。

 

参考:有名なドメイン登録事業者

 

 

 

 

お名前.com

 

 

マンガで読めるドメインの基本 Onamae Comic!

 

 

ムームードメイン

 

 

バリュードメイン

 

 

 

前置きが長くなりましたが、こうして日々申請・登録・取得されている膨大なドメインに対し、DNSは間違うことなくドメイン⇔IPアドレスを解決しています。どのような流れになっているのかを見ていきましょう。

 

http://www.arearesearch.co.jpにアクセスをしたいとします。(ほぼ全ての方が、検索エンジンを使うご時勢ではありますが、人間がアクセスを試みるのも、クローラが試みるのも同じという事で進めます。。。)

最初にドメイン⇔IPアドレスの解決を試みるのは、一番近くのネームサーバで、キャッシュとして保存されていないかを参照します。キャッシュに情報が存在していた場合は、そのまま応答しますので、ここで解決です。

では、キャッシュに存在しなかった場合はどうなるのでしょう?

必要な情報が無かった場合、ネームサーバは、ルートネームサーバに問い合わせをするのですが、Wikipediaにわかり易く説明が出ているので、以下に引用しておしまいとします。

 

 

ja.wikipedia.org というホスト名の IPアドレスを検索することを考えると、再帰検索は、トップレベルドメインをルートサーバに問い合わせることからはじまる。ja.wikipedia.org というホスト名は wikipedia.org ドメインに属し、またwikipedia.orgドメインはorgドメインに属するため、クライアントは最初にorgドメインのDNSサーバ(ネームサーバ)のIPアドレスを得なければならない。

まず、クライアントは適当なルートサーバをひとつ選ぶ。ここでは A.ROOT-SERVERS.NET (198.41.0.4) としよう。現在 ルートサーバ に登録されている org ドメインのネームサーバは 9つあり、そのうちのひとつはa7.nstld.com (192.5.6.36) である。

つぎにクライアントは、このネームサーバに wikipedia.org ドメインのネームサーバの IPアドレスを問い合わせる。するとそのネームサーバのホスト名は dns34.register.com (216.21.226.87) であることがわかる。

最後に、このネームサーバにja.wikipedia.orgのIPアドレスを問い合わせる。するとこのサーバは最終的な答130.94.122.197を返す。こうして目的とするホスト名のIPアドレスを検索できる。

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR