地域ごとにWebサイトを切り換え(その1)

arearesearch 2008-07-07 07:44:30

〜 インターネットを便利にするIPアドレスの位置情報 〜

あなたの出身はどこですか? 

Web上で出身地のニュースや情報を見つけて、思わず覗いてみてしまったことはありませんか?

インターネットは国境なきバーチャル空間ですが、インターネットユーザーは必ずリアルな世界のどこかに住んでいます。ユーザーと地域は切っても切り離せない関係にあります。

この関係を利用して、ユーザーに訴求する情報を発信する仕組みが、IPアドレスの位置情報を使った「エリアターゲティング」です。

今回は、エリアターゲティングについてお伝えします。

■Webサイトに重要なのは

Webサイトで効果的に売上を上げるには、Webサイトに訪れた見込み客をいかにして取り込むかが課題です。ユーザーはたった数秒で、求めているWebサイトかどうかを判断します。その一瞬のチャンスを掴むか逃すかは、適切な情報をランディングページに載せてあるかどうかにかかっています。

ユーザーの心をとらえるWebサイトにするためのLPO(Landing Page Optimization)のターゲティング手法には、行動ターゲティングやリターゲティングなど様々な手法があります。この中でも今回ご紹介するのはIPアドレスで判断したユーザーの地域によるエリアターゲティングです。

エリアターゲティングとは、Webサイトのアクセスユーザーの場所に応じて、自動的にWebサイトを切り換えて各ユーザーの地域の情報をそれぞれ配信することを言います。

国ごとのエリアターゲティングでは、例えばアメリカからのユーザーには英語のページを、中国ユーザーには中国語のページを、そして日本からのユーザーには日本語ページを表示するというように、ユーザーごとにページを切り換えることが可能です。(この情報は、国内限定サービスを提供する業者が、国外ユーザーのアクセスを制限する為にも利用されることがあります。)

もっと細かい都道府県レベルでの切り替えでは、地域のお天気情報に切り換えたり、地域の店舗の広告を表示したり、使い方は様々です。

続きはまた次回に。

----

サイバーエリアリサーチ株式会社 

IPアドレスの位置情報データベース「SURFPOINT」を提供する、国内オンリーワン企業です。

■簡単にあなたのサイトを地域ごとに切り換え「どこどこJP」サイト 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR