CIOのためのAJAX概論

btl 2005-12-09 20:44:44

 以前にも述べたように、私はBaseline Magazineをよく読んでいる。ここに掲載される詳細な事例研究は読み応えがあり、分量もちょうど良い。私がCIOを務めていた頃は、他の企業のシステム導入事例を知りたくて、よくBaselineを読んでいた。このなかに、新しい技術を紹介するPrimerというコーナーがある。これは、CIOたちが最新の技術動向を把握していられるようにするための連載だ。この記事は、CIOたちに警告を発する機能をもっていると私は考えている。CIOは、この記事のなかに理解できない事柄があったら、自分は遅れていると焦らなければならない。

 Primerの今月のテーマはAJAXだ。この記事には、AJAXについて「ページ全体をリロードすることなしにオンラインコンテンツをユーザーに配送する、複数のプログラミング技術の集合体である」と書かれている。1文にしてはうまい説明だ。この記事によると、その開発の難しさがAJAXの欠点だという:

 AJAXアプリケーションをゼロから作るということは、レンガの壁を作るためにまずどうやってレンガを作るかを考えるようなものだ。Forrester ResearchのアナリストMike Gilpinは「あれだけ素晴らしいウェブページが作れるのはよいことだが、AJAXの欠点は非常に手間がかかることだ」と述べる。AJAXアプリケーションが、さほど広く普及しないのは、そのためだ。

 この記事にも書かれているが、適切なツールを使えばもちろん、AJAXアプリケーションの開発は、もっと簡単になるはずだ。こうしたツールがすでに存在するという人もいるかもしれないが、一般的な企業のIT部門がRailsを使ったプロジェクトを開始することは、しばらくの間はないだろう。RubyとRailsに関するあるレポートを読んだが、それによると、これらを導入する場合は、慎重に検討を行い、まずはパイロットプロジェクトを始めるべきだという。いずれにしても、皆さんの会社のCIOが次回のスタッフミーティングでAJAXの話をしたら、そのCIOはBaselineで勉強したのかもしれない。

(Phil Windley)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR