ITプロジェクトの間違いトップ5

dp 2005-08-31 18:16:17

 夏にさよならを言って、ITプロジェクトの仕事に戻る前に、Nucleus Researchからの忠告を読んで、気持ちを引き締めなおそう。ITプロジェクトが失敗するそもそもの原因は、テクノロジーではなく、プロジェクト管理と計画の間違いにあるのだ。

 Nucleus Researchによると、きちんと構造化され、予算の確保や計画立案に役立つプロジェクト戦略やビジネスケースを作り上げれば、プロジェクトが最も陥りやすい落とし穴を回避できるという:

  • 1.過度のカスタマイズ:カスタマイズをしすぎると、時間もかかるし、コンサルタントに支払う費用も余計にかかる。長く継続するプロジェクトの場合は特に注意が必要である。

  • 2.(ユーザーへの)トレーニング不足:直感的で使いやすいように見えるアプリケーションであっても、ちょっとしたチュートリアルは最低限行うべきだ。

  • 3.マネジメントの不参加:ITプロジェクトには、経営上層部の参加が不可欠である。経営層は、計画の全体像を把握し、関心を持ってプロジェクトに取り組まなければならない。

  • 4. 無責任なコンサルタント:コンサルタント選びは、ソリューションを探すときと同じくらい慎重になる必要がある。

  • 5. プロジェクトが完了したかのような態度:戦略的なITプロジェクトに終わりはない。

(Chris Jablonski)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから