インターネットユーザーの3割が「暇つぶしが目的」と回答

dp 2006-02-16 22:52:05

 Pew Internet & American Life Projectの調査によると、1日平均およそ30%のユーザーが、特に目的を持たず、単に楽しみのためや時間をつぶすためにインターネットにアクセスしているという。そのほかの利用目的と比べると、暇つぶしという理由は、電子メールの送受信(1日当たりのインターネットアクセスの目的の52%)および検索エンジンの使用(同38%)に次ぐ、オンラインニュースの閲覧(同31%)とほぼ同程度を占めていた。延べ人数に関しても、2004年末時点に観測された数値からは大幅な増加を見せている。2004年11月に実施された調査では、約2500万人のユーザーが楽しみのためにインターネットにアクセスすると答えていたが、2005年12月に同じ回答をしたユーザーはおよそ4000万人に達したという。

(ZDNet Research)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!