スパムの作成と中継でアジアとアメリカが不毛なトップ争い

dp 2006-04-21 19:10:36

 Sophosの調べでは、スパムメールの42.8%がアジア地域から送信されたもので、次に多く見られたのが北アメリカの25.6%だったという。スパムを中継している国のトップはあいかわらず米国で、全体の25.6%。中国および香港がこれに続いて21.9%、韓国が3位で9.8%となった。

(ZDNet Research)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから