VoIP、RSS、タギング--最新技術用語はどの程度理解されている?

dp 2006-05-11 17:45:14

 Harris Interactiveの調査で、米国に在住している成人の43%が、最新の技術用語およびその意味を「ある程度理解している」もしくは「非常によく理解している」と考えていることがわかった。一方で、32%がVoIP(Voice over IP)を適切に説明することができず、71%はRSSという単語を知らないと答え、46%がタギングの定義がよくわからないと回答した。最新の技術用語に詳しくないと認めた人の割合は、女性の77%に対して、男性は45%だった。さらに、ブログの存在を知っている米国成人は79%に上ったが、定期的にブログを読むと答えたのはわずかに17%となった。

(ZDNet Research)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!