申し込みフォームをFlashで置き換えてみる

flash 2005-09-11 15:03:29

「リッチインターネットアプリケーション」(以降RIA)※1 と言葉だけ聞くと、何か大がかりなアプリケーションを想像してしまいますが、申し込みフォームをFlashで置き換えるだけでも簡単なRIAと言えます。

前回の冒頭でも記されているように、フォームへの入力ミスを成功するまで何度もページ遷移していたのでは、ユーザーはイライラして途中で入力をやめてしまうかもしれません。

あなたも経験ありますよね?

こんな事で大事なお客様を逃していたのでは、大金をかけて構築した意味が薄れてしまいます。この様な事もRIAを用いれば、いとも簡単に解決出来てしまいます。※2

今回はRIA第一歩として、実際に申し込みフォームを「HTML+CGI(既存システム)」と「Flash+CGI(RIA)」の2つを用意し、比較を行っていきたいと思います。

まずは下記のサンプルページをご覧下さい。

(実際に動作いたしますので是非お試し下さい。その際に、あえて入力ミスをしてみましょう。)

これは既存システムで構築された、シンプルな申し込みフォームです。

入力されたフォームデータをCGIにPOSTし、値の形式に間違いがないか判定をします。

ここで間違った形式で入力されると、エラー内容が追加されたページが表示され、再入力を求められます。

図1. 既存システムでのシーケンス図

zdnet_no2_1.gif

よく見かける形式ですよね。

これをRIAにしてみましょう。

(実際に動作いたしますので是非お試し下さい。その際に、あえて入力ミスをしてみましょう。)

どうですか?

一見すると通常のフォームと同じですが、送信すると違いが解りますね。

RIAでのシーケンスも見てみましょう。

図2. RIAでのシーケンス図

zdnet_no2_2.gif

シーケンス的には既存システムとほとんど変わりがありませんが、ユーザーがストレスを感じる「ページの遷移」がありません。これだけでも大きなアドバンテージと言えるでしょう。さらにエラー項目が点滅し、視覚的にどの項目が間違っているのかが解りやすくなっています。

・直感的で扱いやすいユーザーインターフェース

・ユーザーにストレスを与えないシームレスな遷移

この2点がRIA構築での重要な着眼点となると思います。

次回以降、この着眼点を頭に置きつつ記事をご覧頂ければと思います。

(亀崎洋介)

※1 Macromedia社が提唱する、Flashを用いた表現豊かなWebアプリケーション。

※2 流行のAjaxを用いても可能ですが、RIAでの構築は他にも恩恵があります。詳細は次回以降に。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから