「Flex 2」による RIA の新たなる道(後編)

flash 2005-11-30 13:35:22

前回「Flex」とは何かを簡単にお伝えいたしましたが、今回は現在「パブリックアルファ」として公開中の「Flex 2」の目玉機能及び、今後を考察してみたいと思います。

■ Flex Builder 2

Flex 2 の目玉として登場したのが、Eclipse ベースの新しい IDE である「Flex Builder 2」です。これまでの IDE は独自のモノでしたが、世界的にスタンダードとなりつつある Eclipse をベースとした事により、Eclipse 既存の素晴らしい技術をそのまま使えたり、Java等の他言語プログラマも取っつきやすくなっています。

これまでも一部では Eclipse を使った ActionScript 開発が盛んに行われていた事からも、Eclipse ベースに「なるべくしてなった」と言えると思います。

 

■ ActionScript 3

今までの ActionScript 2 から大幅に変更が加えられ、より「プログラマー」にとって扱いやすい言語に変わりました。XMLのネイティブサポートにより高速化が図られ、他のウェブアプリケーションとの連携等も見据えた設計になっています。さらにパケット通信APIや、バイトコードへのアクセスといった機能の追加により非常に高度なプログラムを書くことが可能となりました。実際VNCクライアントをつくった猛者もいるほどで、まさに何でもできる予感がしています。

■ FlashPlayer 8.5

ActionScript 3に対応したプレイヤーとしてFlashPlayer 8.5も同時にアルファ版としてリリースされています。最大の特徴としてはかなりの高速化が行われています。Macromedia曰く50倍とも100倍とも言われてます。

■ Flex Framework 2

Flexの中核となる機能で、MXMLと呼ばれるXMLベースのタグを記述していくだけでFlashアプリケーションを構築していけるという機能です。現在はサーバ製品はリリースされていないために、MXMLをFlex Builderが解釈して、swfファイルを生成するという構造になっていますが、将来的にはサーバサイドで動的にswfを生成できるようになるはずです。

Macromedia Lab

直接Flexの機能とは関係ありませんが、開発の早い段階から製品の情報を公開し、ユーザーからのフィードバックを積極的に取り入れたいという意図で始められた試みで、コミュニティやtips情報が充実しています。

Flex Builder 2もこのサイトからダウンロードすることができます。

■ Flexがもたらすもの

もともとデザインツールから発展していったFlashというツールはアプリケーション開発ツールとして見た場合、かなり特殊(奇妙)な仕様が多々ありました。その特殊性から、他言語のナレッジをフィードバックしにくかったのですがFlex Builder 2の登場で、特にJavaプログラマからの転向というディベロッパは多くなのではないでしょうか。

MXMLをつかったFlex Frameworkを利用することで比較的簡単に「それなりの」RIAを構築することができるようになり、さらに高度なアプリケーション開発には、これまで他言語で培ったナレッジのフィードバックがもたらされます。Flash自体も強力なフレームワークが導入されたことで、Flashアプリケーション開発のノウハウが統一化されて行くことになると思います。

すでにベータ版の話もMark Anders(*1)氏のブログであがっているようです。

(*1) Flex2開発チームの中心人物。元Microsoftで、ASP.Net の初期の開発メンバー 2 人のうちの一人。

.NET Framework や、Visual Studio、IIS, ASP などの開発にも携わっていた。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!