「オープンソース開発者向けの新サービス」とはいったい…?――憶測を呼ぶグーグル幹部の発言

google 2006-07-26 12:04:54

「Open Source Convention(OSCON)」の開催初日に、Greg Stein氏が謎の多い記事をブログに投稿して、人々の話題をさらった。同氏がGoogle Code Blogに掲載した「Googleの新サービス」と題される記事には、同氏およびその配下のメンバーがオープンソース開発コミュニティを対象とする新たなサービスを開発したと記されている。だが、それ以上の詳しい情報は明かされなかった。

 最初は「Google Web Toolkit(GWT)」か「Eclipse」に関わるものだろうと考えたのだが、Stein氏は「サービス」という言葉を使っているので、示唆されているものの範囲はおのずと狭まることになる。GWTやEclipseを「サービス」と呼ぶわけにはいかない。したがって、わたしの推測は正しくないと考えざるを得ない。

 では、オープンソース開発コミュニティが恩恵を得るものとはいったい何だろう。ここで少し予想を立ててみようと思うのだが、結局のところ、「Krugle」の検索機能や「Subversion(SVN)」の世代管理機能、「Cruise Control」の統合維持機能が搭載された「Source Forge」のようなサービスが提供されるというのでは、おもしろくも何ともないので勘弁してほしい。

 Stein氏はこれまでもオープンソースと密接に関わってきた。現在は、Googleのエンジニアリングマネージャーであるとともに、Apache Software Foundationの議長も務めている。過去に、SVNや「WebDAV(Web-based Distributed Authoring and Versioning)」といったプロジェクトに携わっていたこともある。そのほかにも多彩な経歴を持つが、今は省略しよう。

 彼らが準備しているサービスとは、開発者が共有して利用できるコードのレポジトリではないかと思われる。これなら、賛成意見が多数を占めるに違いない。今日のGoogleが切実に必要としているのは、開発者のコミュニティだ。OSCONなら、そうした模索をするのにうってつけの場である。オープンソース開発コミュニティにとって「Google」と「コード」が同義になる日が来れば、ほんとうにおもしろい。オープンソース開発者の大部分がMicrosoft派でないことを考えると、なおさらにおもしろい。

(Garett Rogers)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR