「卑怯」なばかりかバグまでも――Google Toolbarの機能に非難の声

google 2006-08-04 20:29:51

 先頃ベータテストが終了した「Google Toolbar」のある機能が、一部のユーザーから「卑怯」だという酷評を受けている。デフォルト設定となっている同機能は、「Internet Explorer」の初期検索エンジンを変更しようとする、競合他社のあらゆる試みを阻止するものだ。Microsoftがこれと同じ措置を取ったとしたら、どれほどの集中砲火を浴びるだろうかと思わず考えてしまった。

 Google Blogoscopedの記事によると、この新たな「機能」には、無効化したあとでもブロック機能がメモリに常駐するというバグがあるそうだ。Googleは、こうした事態の発生は想定外であり、常駐しているように見えても実際は機能しないとコメントしている。

 同機能自体に話を戻すが、これこそまさに独占なのではないだろうか。「Firefox」がデフォルトブラウザになるのを積極的に防ぐメカニズムをIEに追加しているMicrosoftの所業と比べても、まさに同じ方向を向いていると言える。

(Garett Rogers)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR