「Gmail」でほかのアカウントのメールをチェック!

google 2006-12-11 20:39:17

 「Gmail」の新たな機能――すでに有効にしたユーザーもいるだろう――は、同ウェブメールへの移行をさらに簡単にする、多くの利用者が待望していたものだ。「Mail Fetcher」と呼ばれる同機能を利用すると、最大5件までの異なるアカウントに届いたPOPメールを、Gmailから読むことができるようになる。すなわち、インターネットサービスプロバイダーから支給されたアドレスのアカウントを、Gmailへの転送を設定しなくても見られるようになるのである。

 Gmailの「What's New」ページには、次のように記載されていた。

Gmailでは、ご利用中のほかの電子メールアカウントに届いたメールを読むことができるようになりました。(新着、既着にかかわらず)最大5件の他の電子メールアカウントのメールを取得し、それらすべてをGmail上で閲覧できます。「From」アドレスをカスタマイズすれば、Gmailから送ったメッセージを、異なる電子メールアカウントの1つから送信されたように見せることも可能です。POP3アクセスに対応したアカウントのメールしか取得できない点にご注意ください。

 こうしたアイディアは、特に新しいものというわけではない。Yahooは同社のメールに対応した同種のサービスを提供しているし、Hotmailも1年前には同じようなことをやっていた(ただし同機能は、その後削除されている)。この方面ではGoogleは後発者となるわけだが、利用者の反応を見るに、たいしたハンデとはなっていなかったようだ。読者が同機能をすでに活用しているならば、動作状況をぜひ報告してもらいたい。

(Garett Rogers)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR