グーグル、ゲーム内広告企業の買収へ

google 2007-01-23 20:47:56

 「Wall Street Journal」紙が、Googleは早ければ来週にもゲーム内広告企業Adscape Mediaの買収を発表する可能性があると報じた。

 サンフランシスコに拠点を置くAdscape Mediaは、PCやゲーム機、携帯電話などに静止画もしくは動画の広告を表示する、広告専用プラットフォームを開発している。同社はまた、「広告掲載者がみずからの知的財産をさまざまな方法で活用し、利益を得ていくための指標およびコミュニティ生成技術」も提供している。

 Microsoftも2006年5月4日に、Adscape Mediaとほぼ同様の事業を営むMassiveの取得計画を明らかにした。Microsoftのプレスリリースによれば、Massiveの不動産広告機能は、いずれ「Microsoft Adcenter」を通じて利用可能になるという。Googleの場合は、同じ取り組みを「AdWords」で行うと考えられる。

 GoogleとMicrosoftの戦いが激化するに伴い、今後数年間はこうしたタイプの広告技術が数多く出現するだろう。もしかすると、「広告スポンサー付き」の無料ゲーム機が登場する日も近いのかもしれない。

(Garett Rogers)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから