使えるウェブページ翻訳は実現するのか!?

google 2007-02-23 18:03:00

 ウェブサイトを外国語に翻訳する機能を試したはよいが、結局さらに混乱しただけだったという経験はないだろうか。先日「Google Translate」に、間違った訳語の正しい意味をユーザーが提案できる仕組みが加わった。同サービスの質を向上させるため、Googleの統計翻訳モデルに専門家の知識を反映させようという試みだ。

070223GO.png

 この新機能は、翻訳ツールページ上で「BETA」に分類されている言語――今のところ、中国語、日本語、韓国語、アラブ語、ロシア語――でのみ有効なようだ。上の画像は、無料ウェブメールサービスを提供しているロシア企業(ビミョーな名前だが…)のページを翻訳したときのもの。

(Garett Rogers)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!