フェイスブックはグーグル相手に善戦できるか?

google 2007-07-17 19:40:22

 ウェブサイト「Valleywag」はそうは考えていないようだが、Facebookが今と同じペースで成長していけば、そのうちサプライズもあり得るとわたしは思う。ユーザーの扱い方を知っている企業は、そこから利益を生み出すことができるからだ。

 アメリカ人は、ここ住むカナダでFacebookが社会現象化している事実に気づいていないかもしれないが、いまだに「ICQ」や「Netscape Navigator」を使っている数人をのぞき、わたしの知人(もしくは昔の知人)のほとんどは、Facebookのプロフィールを作成している。人々にとってFacebookは、10年ぶりに高校の同窓会を開く(あるいはその下準備をする)ときなどに利用する手段として、たいへんな人気を博しているのだ。友人同士の間でも、Facebookの受信ボックスを介してコミュニケーションを図るのが一般的になりつつある。

 Facebookに明らかに欠けている要素は、インターネットの検索機能である。この点が、ユーザーが同サイトをブラウザのスタートページに設定しない唯一の理由と言えるだろう。GoogleがFacebookと提携するか、同社を買収したとしても何の不思議もないが、Facebookを早々に吸収しない場合は、その人気をなめていると痛い目に遭うはずだ。

 なにはともあれ、FacebookがGoogleのようにユーザーからの支持を利益化していくことは不可能かもしれないが、同サイトのサービスが他国でもカナダと同じくらいの人気を集めるようになれば、Googleを脅かす存在に化けるのは間違いない。ほかの国でもFacebook人気が爆発しているという噂を耳にする日が、待ち遠しいくらいだ。もしかすると、FacebookがGoogleと競合する検索企業に提携を持ちかけるケースだって、十分に考えられる。

(Garett Rogers)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?