Wikia Search始動――Googleに互するにはまだ早い

google 2008-01-08 17:27:30

 米国時間1月7日、大きな話題になっていた「Wikia Search」がついに始動した。しかし、以前このブログでも指摘したとおり、Googleの対抗馬となるのは難しそうである。実際の調べ物に使ってみたのだが、Googleがいかに優秀であるかを思い知らされることになった。Tony Ruscoe氏もWikiaのレビュー記事の中で、プレイステーション2のゲーム「Guitar Hero 3」に入っている楽曲を調べるのに、たいへんな手間がかかったと書いている。この程度の情報は、Googleなら一発で検索できる。

 まだアルファ版であることを加味しても、Wikia SearchはGoogleと肩を並べるところまで進化できそうにもない。プロジェクトを今すぐ中止して、資金をセーブした方がよいのではないかと思うほどだ。飛び抜けてすぐれた成果を上げなければ、Googleへの「挑戦権」すら手に入らないだろう。

 Wikiaのソーシャル機能も、やや的はずれなものに見える。差別化要因として開発された機能であることはわかるが、すでに「Facebook」を使っているわれわれには必要ない。Wikiaのソーシャルネットワークは、大半のユーザーにとっても無駄な機能であり、いずれ消えていくと思われる。

 読者はどんな感想を持っただろう。背伸びをし過ぎている? それとも、Googleのライバルになるかどうかを判断するには、時期尚早だろうか?

(Garett Rogers)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから