tool editor: emacs(1) - Emacs(・∀・)イイネ!!

後藤大地(Daichi Goto) 2007-07-12 19:08:06

OS XでもEmacsが使いたい。エディタは開発作業にしろ管理作業にしろ、多くの場面で多用するツールだ。OS Xに付属しているエディタでもいいんだけれども、あの手慣れたショートカット、いぢくりまくったMy ~/.emacs。デフォルトでインストールされていないとなると、ますます使いたい。

OS XでEmacsを使うにはこれまではEmacsにパッチをあててビルドする必要があった。これが2007年6月、数年ぶりにリリースされたメジャーリリースEmacs 22.1からは必要なくなっている。ダウンロードしてくればそのままビルドできるっていう寸法だ。ヨダレがでるぜ。

OS XでEmacsを使う場合、Carbonを使う方法とX11を使う方法の2つのビルド方法がある。それぞれに一長一短があるんだけれど、日本語を主に使う場合にはCarbon版をビルドした方が便利だ。フォントは綺麗だしことりえを使って日本語入力ができる。多言語を表示させたいとか編集する必要がある場合にはX11版をビルドすればいい。

あとはビルドするバージョンだが、また数年間メジャーリリースがないという悶絶プレイも考えられるので、CVSから最新版をダウンロードしてきてビルドする方法を覚えてしまいたい。随時ビルドというのはほかのアプリケーションの使い方から比べるとアグレッシブではあるが、いつも使うエディタだし、愛情とともにビルドしていきたい。

ということで次回から、Carbon版Emacsをビルドする方法を説明する。

さ、ビルドするぞー

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから