McNealyは8枚刃

飯田哲夫(Tetsuo Iida) 2005-12-11 02:17:11

Shickの囲い込み戦略にはめられたのを機に、ここ2回ほどITビジネスとヒゲソリの関係を取り上げてきた。前回はSUNであったのだが、何とHanover Cafeブログによれば、SUNのCEOであるScott McNealyもSUNの戦略をヒゲソリで語っているではないか。

SUNとヒゲソリ

Scott McNealyが、SUNの戦略をヒゲソリで語ったのは、BusinessWeek誌のインタビューで、ソフトウェアを無償化しても今と同じだけの収益を上げることができるのかと、問われた時である。それに対しMcNealyは、以下のように応えている。

You mean, what's the razor and what is the razor blade? Well, the software is the razor. The razor blades are the servers, the storage, the memory, the service contracts, the archiving services, the tape cartridges, the integration, the consulting services. The whole deal.

McNealyによれば、ソフトウェアがヒゲソリのホルダーであり、サーバーや、ストレージ、メモリー、サービス、テープ・カートリッジ、インテグレーション、コンサルティングなどが替刃に相当する。

つまり、一度ソフトウェアをダウンロードすれば、それに関連するハードやサービスを顧客は購入することになる。故に、より多くの顧客がソフトウェアをダウンロードすれば、収益がそれに伴ってくるという理屈である。

でも何か変

直感的に妙だと感じるのは、ヒゲソリのホルダーがソフトウェア、という点だ。感覚的には、ハードウェアがホルダーで、ソフトウェアが替刃、とする方がしっくりくる。一度買ったハードは同じでも、そこに載せるソフトウェアは様々だからだ。

しかし、ITビジネスにおいては、実はそこは逆転しているのかもしれない。つまり、McNealyの言うとおり、ホルダーはソフトウェアの方なのではないかと。実は、ソフトウェアの方が、入手した後もアップデートし続けることで陳腐化を避け、継続的に利用することが出来る。一方、ハードウェアの方が、性能向上のスピードが著しく、しかもこちらは物理的にものを交換する必要がある。

さらに、ITビジネスの特質として、ソフトウェアの配布にはコストがほとんど掛からない。ヒゲソリのホルダーは複製するのにコストが掛かるが、ソフトウェアは一度開発してしまえば、複製自体はタダ同然である。ソフトウェアを無償化して、ダウンロード可能とするならなお更である。ゆえに、無償提供するならハードではなくてソフトなのである。

Scottは8枚刃

そして、私の貰ったSchickは4枚刃であったが、Scottの替刃は8枚なのである。先日発表されたUltraSparc T1は、8つのプロセッサコアを持ち、低消費電力で高パフォーマンスを実現するものだと言う。

しかし、これは替刃である。また、前回のエントリーでも取り上げたように、ダウンロードされたSolarisは必ずしもSUNのプラットフォームだけで稼動している訳ではない。競合も替刃を用意しているのである。Solarisをオープンにした以上、他社も替刃は作り易いはずだ。

ソフトウェアのオープン化は、確かにヒゲソリのアナロジーで語ることが出来る。しかし、ハードでなくソフトがホルダーであることの違和感は、SUNがSchick同じビジネスモデルでは成功しないことを示唆しているのだと思う。吉祥寺でわざわざ配る必要のないソフトウェアは、替刃を以上の何かをその先にもたらすに違いない。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

3件のコメント
  • ゾフィ

    iTunesに取り込まれてiPodを次々買い増している自分は身につまされる思いです。:p

    2005年12月15日

  • e-Tetsu

    エサ蒔いて、アジでも釣れてしまった日には、それを喜んでクーラーボックスにしまってしまうのが、通常のビジネスモデル(素人釣り師=私)。

    その釣れたアジをデカイ釣り針に括り付けてヒラメを釣ってしまうのが、新しいビジネスモデル(玄人釣り師=SUN)。

    放っといてくれ。

    2005年12月13日

  • zak

    いつもビジネスの話をメタファーで表現して理解する
    クセがあるもので・・・。

    ここ最近の話を釣りにたとえると、さしづめ、
    竿にエサと針をつけてポイントを探して
    "ロックイン"して網でつり上げる釣り
    と一緒ですな。

    網だけ振り回すなら、魚の群を探して
    体力勝負ってことですかね。養殖場でも
    いかない限り、釣れないですね。

    SUNの場合は、針ナシでエサだけ蒔いて、
    魚が集まったところで、それをエサとして
    よりデカイ魚が寄ってくるのを待つ、といっ
    た感じでしょうか。

    くだらなくてすいません。

    2005年12月12日

SpecialPR